髪のパサつきを改善する基本はやはり、生活習慣。バランス良く食べて規則正しい生活を

髪のパサつきは乾燥によって起こるものです。
でも、髪が乾燥するというのは髪の元気がなくなってきている証拠でもあります。

いろいろな要因が重なって、髪は乾燥し、パサパサ広がりやすくなっていくものです。

髪ももちろん身体の一部。
当然、髪の元になる栄養素は食べ物から摂り入れられます

確かに外側からの対策も有効なのものもあります。
でも、髪のパサつきにも基本はやっぱり、バランスの良い食生活と良い睡眠です。
ある程度までは回復できるかもしれません。
でも、根本的に解決することを目指すなら、この部分を外すことはできないと思います。

髪に良い食生活は、髪に良いものを摂れば良いわけではない

髪に良い食生活というとどうしても、ミネラルやビタミンなどをしっかり摂れば良い!と考えてしまいがちです。
確かにミネラルは髪の栄養になるとも言われています。
でもだからといってミネラルばかり意識していると、おそらく栄養のバランスは悪くなります。

それに髪が極度にパサつき傷んでいる場合、そもそも食生活の偏っている可能性の方が高いです。

どんな栄養素も摂り過ぎは良くないし、摂らなすぎも良くないものです。
栄養士さんから伺った話だと、

とのことでした。

難しくてもとりあえず、疲労回復と血行促進でなんとかなる

実際にバランスの整った食事はとても難しいです。
さらに髪にも良いものを!と思うと、とてもじゃないけれど続きません。

なので、目指す改善ポイントは、疲労回復と血行促進です。
髪への栄養素は、頭皮の毛細血管を通して送られます。
でも、その血管自体はとても細くて血行が悪い状態だとなかなか栄養が届かないそうです。

だからこそまずは血液サラサラを目指すこと。
そして、疲れていては髪に届く栄養も後回しにされるので疲労回復を目指しましょう。

具体的にどうすれば良いか、考えると難しく感じられますが…。

この3つを意識してみると、徐々にバランスも改善されていくのではないかと思います。

わたしも食生活最悪でしたが…。
週に1度の作り置きで野菜を増やす作戦を実践しています

わたし自身、食生活はかなりバランスが悪い方でした。
睡眠もきちんと取れなかったり取り過ぎたりでいつも寝起きは眠い…ような。

でも、子どもとの生活をきっかけに、食生活から徐々に見直すことができてきました。
もともとぐうたらなので、あまり手間をかけると続かないのですが、

この3つのポイントをできるだけ守るようにしてきました。

もちろん、すぐに劇的な変化があったわけではありません。
でも、気づかない間に

と、良いことがとても増えていることに気がつきました。
髪質改善も、これがなくてはできなかったのかもしれないなあと思います。

今でも時々生活が荒れることもあります。
でも、あまり完璧を目指さず、適度に適当に続けていくのが身体にも良いのかな、と思っています。

スポンサーサイト

次のコツ: やっぱり美容院には3ヶ月に1回は通った方が良い