これは髪に良い!と感じられるシャンプーを選ぶ時の基準

シャンプー選びは難しいです。
わたし自身もこれまで、数えきれないほどたくさんのシャンプーを使ってきました。
これまで使ってきたシャンプーについて。考えたことなど

でも、ちゃんと使いやすくて髪を乾燥させすぎないシャンプーというのは本当に少ないです。

わたしが求めるシャンプーの機能はこちらなのですが…。

それでも、数は少ないですがいくつか「これは!」と思えるシャンプーもありました。
中でも「これなら良い!」と断言できたものを3つ選んでみました。
髪のパサつきをなんとか…と悩んでいるなら1度は試す価値ありのシャンプーだと思います。

これまで使った中で、確かに髪のパサつきや広がりを抑えられると感じたシャンプー3選

ジョンマスターオーガニック

知る人ぞ知る、オーガニックシャンプーです。
植物由来の成分で作られた、石けんとアミノ酸を組み合わせた成分がメインのシャンプーです。

元が石けんのようなものなので、洗い上がりはけっこうごわつきます。
しっかり流さないと、痒みが出てくる人もいるらしいです。
でも、これは確かにしっとりしてくると感じました。

実はコンディショナーも優秀で、入浴後の洗い流さないヘアミルクとしても使えるようです。
コンディショナーとして使うよりも、こちらの方が満足度は高くなると思います。

ただ、このシャンプーのネックはとにかく価格。高いのです。
確かに気に入る人は多いと思います。でも、続けられない…。そんなシャンプーです。
ただ、お試しセットはとてもお安いので、まずはそこからはじめてみて、使い心地を検討してみると良いのかもしれません。

※石けんベースのようなものなので、カラーリングをした髪にはあまり向きません
 カラーが落ちやすくなったり、逆に乾燥がひどくなったりする場合もあるそうです。

アロマキフィ

アロマキフィはアロマの専門会社が作った植物由来のシャンプーです。
洗浄成分の大半がアミノ酸系
補助的に植物由来の界面活性剤(ある意味石けんのようなもの)が含まれています。
さっぱりとした洗い上がりなのにだんだん髪が落ち着いてくる、不思議な使い心地です。

価格が魅力のアロマキフィ。

魅力はその価格。500ml入りが1本1,500円(税抜)なので、とにかく続けやすいです。
そして、精油がしっかり使われているので、アロマの力も発揮できるようになっているみたいです。

しっとりタイプとふんわりタイプがありますが、使われる精油が違うだけのようです。
使い心地が微妙に違いますが、香りの好みで選んでも良さそう。

シャンプーだけでもなんだか髪がしっとり…!と感じられるのに手頃だし助かります。
Amazonやドラッグストアなどでも購入できる手軽さもなかなか良いです。

あきゅらいず たまりシャンプー

あきゅらいずというこだわりの基礎化粧品メーカーが出している、アミノ酸系シャンプーです。
洗浄成分は低刺激なアミノ酸系、そして植物の「たまり」が使われているのが大きな特徴です。
さらに大きな特徴としては、コンディショナーが不要なこと。
泡をしばらく放置して流すという使い方が楽しいです。

最初は、シャンプーだけなのできしむのではないかと心配だったのですが…。
きちんと使用法を守って使ってみると、シャンプーだけでもちゃんと髪がしっとり。
それなのにさっぱりとした洗い上がりで、とても気持ち良い!
アミノ酸系は泡立たないシャンプーが多いですが、これはほど良い泡立ちでした。

価格も300ml入りが1本2,500円程度
少し高いと言えば高いんですが、コンディショナーが不要なので許容範囲?と思っています。
予算的に許されるならじっくり使い込んでいきたい…!と感じられるシャンプーでした。

※ただ、洗浄力がやさしすぎるのか、お湯だけ洗髪との併用は難しいです。
これを使うなら毎日シャンプーした方が良いようです。
(併用をやってみたら、髪のベトつきがすごく出てきました)

予算や使う状況、好みで選んでいくとよりベストが見つかると思います

この3つのシャンプーであれば、確かに髪のパサつきや広がりの改善の頼もしいサポーターになっていくと思います。

と、自分の状況や予算などに応じて選んでいくとより合うものが見つかると思います。

まずは「これ!」と決めたシャンプーをできるだけ長く使うことも大切

ちなみに、シャンプーはあれこれ変えていくものではありません。

髪とはいえやはり顔の皮膚などと同じようなものです。
シャンプーがコロコロ変わると髪も疲れてくるそうです。
(洗顔を頻繁に変えると肌がどうも落ち着きにくいのと同じような理屈?)

だから、頻繁に変え続けていると、髪は落ち着けないままに…。
もし自分に合うシャンプーだったとしても、いまいち効果を発揮できないままに終わってしまうかもしれません。

もし使ってみるなら最低3ヶ月〜半年は使い続けていくこと
じっくり髪の様子を見ながら、見極めていくことが1番大切です。

スポンサーサイト