より髪に潤って落ち着いてもらうために、使うと便利なアイテムとは

髪のボリュームを抑えるためのアイテムというのは、ドラッグストアに行っただけでもたくさん見つけることができます。
でも、いくつか興味が湧いて使ったこともあるけれど、どれもこれもなかなか満足できなかった…。
そう感じられている方も少なくないかもしれません。

おそらく、スタイリング剤やトリートメントだけで髪のボリュームを抑えるのは無理だと思います。

髪の乾燥を改善して、クセを直して、自分の生活習慣も直して…。
と複雑に絡み合った原因をほどいていくところからはじめる必要があるためです。

でも、だからと言って何を使っても良いわけではありません。

このような「頼れるサポーター」を見つけるのも大事だと思うのです。

いろいろなキャッチコピーに心が惹かれてしまうものですが…。
できるだけ冷静に、より負担が少なくて自分に使いやすいアイテムを、じっくり長く使い込んでいくとより髪質改善に近づいていけると思います。

個人的にこれは便利!確かに違う!
髪の乾燥や広がりから守ってくれる強力サポーター3選

パックスナチュロン ひまわりオイル

このひまわりオイルは、大島椿などの椿油と同じように使っていけるヘアオイルです。

椿油より重くてボリュームダウンに役立つひまわりオイル

ひまわりオイル100%でできていて、頭皮などにもとてもやさしいです。
椿油と違って、もったりと重い使い心地(使い過ぎたらベトつきそうなくらい)で、乾燥もしづらく、これをヘアオイルとして使えば髪型が1日キープできそう!と感じられます。

これは良い!と感じられた使い方については:髪のパサつき改善法その4:椿油を工夫して使う

椿油ではいまいち使い心地に納得ができない、もっとちゃんと髪を守りたいと感じられるなら、こちらを使ってみると良いと思います。
(価格的にも椿油よりも安く買えることが多いので、より使いやすいです)

ロレッタ ハードゼリー

ロレッタ(モルトベーネ)は、美容院で見かけることも増えてきた、注目のヘアケアブランドです。
化粧品で使うような原料を使って、頭皮や髪にやさしいケアをしていけるように、とされています。

その中でも特にボリュームを抑えるのに役立つのが、このハードゼリーです。

ワックスではなくてハードゼリーがポイント

ワックスやヘアオイルも数種類出ていますが、あえてハードゼリーなのはその使い心地です。
(ワックスはセット力とその持続力がちょっと弱くていまいち。ヘアオイルもサラサラっとしているのです)
その中でこのゼリーは、ハードゼリーと呼ぶにはちょっと弱い力ですが、でもしっかりキープ力はあるので、ボリュームを抑えるサポーターとしてとても頼りになるのです。

使い方のコツは、髪の表面には使わないこと。
ボリュームが出やすい髪の内側に手でしっかり伸ばしたゼリーをなじませておくのが大切です。
髪にはやさしいので、洗浄力の低いシャンプーで洗ってもきちんと落とせるのも安心です。

パックス重曹F

シャンプーのかわりに使うとやさしくちょうど良い重曹。

重曹と言っても100円均一で変えてしまうほど、種類も価格もいろいろあるのであまりこだわりがない方も多いかもしれません。
でも、このパックスの重曹はとにかく小さな粒でいつでもサラサラ。
同じ重曹でもこんなに違うものなのか!と驚くほどの重曹なのです。

パックスの重曹はとても使いやすいもの

粒が小さくなじみやすいので髪へのマッサージもよりやさしく細やかに行えるようにと感じています。
(たまに少しピーリングがわりに洗顔時に使うこともありますが、痛みも感じずマイルドに使えています)

特別値段が安い!というわけではないのではじめは少し躊躇する気持ちもあったのですが…。
実際に使ってみたら、肌(頭皮)に使うものなので、あえてこれを選ぶのは良さそう!と感じるようになりました。

地味だけど役に立つアイテムを少しずつそろえていくこと

紹介したアイテムは、かなり地味だしチープな印象のものばかりですが…。
髪のためのトリートメントなどでは逆に、普段使うものにそこまで贅沢する必要はないと思います。
それだけで髪質改善ができる!という魔法のアイテムは存在しないので)

地味でも「これは!」と思えるアイテムを少しずつ揃えて使っていくのが1番良い!
実際に髪質をなんとかしたい!といろいろ試して取り組んでみた中で、こんな風に感じました。

それよりも髪により良い習慣をつけていく方が髪には結果的に良いことも多いです。
ブランドや内容にこだわらず、より使いやすい道具を自分なりに見つけていくのが良いのではないかと思います。

ドライヤーやブラシはどうしたら良い?選ぶ基準は?

ちなみに、ドライヤーやブラシは何を使えば良いかもけっこう悩むところです。
業務用のものが良いとか、天然毛のものが良いとかいろいろな考え方があるのは確かです。
でも、どんなものを使ってもちゃんと使わないと髪に負担になるし、傷めてしまうものです。

なので、優先すべきなのは髪よりもまず自分がどれだけ使いやすいかということ。
基本的な機能があって使いやすければ、自分が良いと思うものを使うのが1番良いと思います。

スポンサーサイト

でも、シャンプーはちゃんと選んだ方が良いです: 確かに効果あり!と感じたシャンプー3選