小さい時はサラサラだったはずなのに…。気がつくと髪がパサパサになっていた

現在髪のパサつきや広がり、うねりに悩んでいる人の中でも、
「小さい頃はサラサラのストレートだったのに…」
そんな方も多いと思います。

かくいうわたし自身もそのひとり。
確かにサラサラの髪だったはずが、いつの間にかパサパサゴワゴワの髪になっていました。

赤ちゃんの髪はみんな、ふわふわサラサラなのに、なぜこんなことになってしまうのか?
それは知らない間に積み重ねてしまう習慣が原因になっているようです。

髪がパサつく広がる1番大きな原因は「乾燥」。
当たり前のことが原因になっているかも…?

髪がパサついたり広がったりする原因理由は様々です。
乾燥や外部からのダメージ、栄養不足、生活習慣の影響などいろいろなことが原因になります

中でも1番大きな影響を与えるとされているのが、乾燥です。

他にも、普段何気なく行っていることが、乾燥の原因になっていることも少なくありません。

そもそも髪は皮膚に比べても水分を保持する能力が低くとても乾燥しやすいものです。
でも、髪は皮膚ほど丁寧に扱われることが稀です。

髪がパサついてしまうのは、もしかしたら当然のことなのかもしれません。

生活習慣の積み重ねがパサつく原因。
だから改善も生活習慣を変えることから

そんなパサついた髪をなんとかしたい!
わたし自身もそう思ってからいろいろなことを試してみました。

でも、やはり小さなことの積み重ねなので一発逆転は狙えません。
どんなに美容院などでトリートメントをしてもらっても、一時的なものです。

という3つのポイントをじっくり気長に見直していくことが大切だと思います。
意外とシャンプー方法や乾かし方を見直すだけでも変化を感じられたりするので、やってみるとかんたんです。(やるまでが少し面倒ですが…)

髪のパサつきは髪質や自分の小さな習慣が原因です。
だからこそ、今の習慣をザクッと見直すのが、髪のパサつき原因解消への近道だと思います。

スポンサーサイト

まとめています:髪のパサパサ・広がりにこれは良かった!7つのポイント